ULTRASHOT™射出システム

画期的なホットランナで成形不能なパーツの成形が可能に

ハスキーのホットランナの最新のファミリーUltraShotは、従来の射出成形技術よりも飛躍的な進歩を実現しました。UltraShotホットランナ射出成形システムは、かつてないほど正確な溶融制御を可能にするサーボ制御された射出システムを備えています。その方法として、シューティングポットをゲートの近くに配置し、樹脂をキャビティの近くで加圧します。これにより剪断と熱的変動が減り、パーツの品質と性能の向上が期待されます。この結果、設計者が究極的なパーツの自由度を享受でき、射出成形プロセスの制約に起因するデザイン障壁が解消されます。

UltraShot™ injection system vs. a conventional hot runner)

スケールアップ - 時間の節約、特性の維持

試作から量産までの認証の時間が短縮されるため、製造のリスクとコストが大幅に削減されるとともに、最も重要な市場投入までの時間が大幅に短縮されます。これは特に、パーツの承認と認定に時間がかかりがちな医療市場において重要です。UltraShot射出技術を使用すると、樹脂の流動末端の到達時間が短縮されるため、比類のないキャビティ充填の制御と充填不良バランスの制御が可能になります。すべてのキャビティにおいて実質的に再現可能な同一の性能を生み出すことができます。そして、これは、金型のサイズとは関係なく、同一の処理条件下で128のキャビティまで即座にスケーリングできます。

UltraShot™射出システムと従来のホットランナの流頭の到達時間を示すグラフ

製造、効率

より重要な点は、従来のホットランナ成形での溶融樹脂は多くの高圧射出サイクルを経るのに対し、UltraShotホットランナでは、このサイクルがはるかに少ないことです。このことは、残留成形応力に起因する複屈折が小さくなるとともに、スクラップと廃棄物が減ることを意味します。この結果、完成パーツの光学的特性が改善するだけでなく、樹脂材料の性能低下を防ぎます。

Ultrashotにより、完成成形パーツをわずか1回の製造ステップで1つの製造セル内で製造できるようになります。このことは医療成形機の場合は特に有益です。なぜなら、必要な段階的プロセスと製品検証の回数が減るため、製造設備を大幅に削減しながら、市場投入までの時間を短縮できるからです。

従来のホットランナとUltraShot™射出システムの複屈折の比較を示すグラフ

わかりやすいプロセス制御

ハスキーUltraShotホットランナシステムは、Altanium®金型コントローラを利用することにより高度な精度が可能になります。これらのAltanium金型コントローラにより、温度とセル製造作業が正確にモニタリングされます。細密にモニタリングされた安定的なホットランナ射出プロセスにより、製品の寸法がより一定となり、理想的なバランスが実現します。

何よりも、UltraShotホットランナは各種サイズで用意されています。そして、ハスキーのデザインチームが、最初から最後までのデザイン要件に関してお客様を技術的にいつでもサポートします。

ハスキーサポート担当者
いつでもお客様をサポートします

今すぐお問い合わせください。

ハスキーは、お客様、見込み客、パートナー、コミュニティのために、いつでも必要なときに必要なものをお届けします。フォームに入力していただくだけで、後は当社が対応いたします。私たちにおまかせください。

1 (905) 951 5000 までお問い合わせください。

お問い合わせ